事故物件について

東京の再構築不可物件に価値はあるのか?

高く手放すために
2018年02月07日
大規模なリフォームはできない、
取り壊しても建て替えはできない、
災害で倒壊しても再建不可能など、
デメリットばかり目立つ東京の再建築不可物件には、
全く価値がないと思うかもしれません。

しかし、一見すると無価値に思える再建築不可物件にもメリットはあります。

再建築不可物件のメリットは購入価格が安いことです。

物件によっては半額以上の価格で購入できるので、
掘り出し物が見つかる可能性もあります。
相場より安い価格で手に入れた再建築不可物件は、
収益物件として活用することが可能です。
室内が古くてもリフォームをすれば、
新築と変わらない状態にすることができるでしょう。

室内を新築同様の状態にまで回復させると、
後はその他の条件さえ整っていれば入居者は集まります。
投資用の物件を購入して賃貸経営を東京で始めるよりも、
販売価格の安い再建築不可物件を購入しリフォームして始める方法が、
初期投資も抑えることができます。

長期間賃貸経営をするつもりだったり、
価値が上がれば転売し売却益を得るつもりなら、
再建築不可物件は向いていません。

しかし、一般的な毎月家賃収入を得るだけが目的なら、
むしろ再建築不可物件がベストと言えるほどです。

収益物件として活用するほかにも、
取り壊して更地にしてから駐車場として整備すれば、
駐車場経営で収入を得ることができます。

その他にも、トランクルームとして貸し出したり、
企業に社員寮として貸し出したりと、
活用方法はいくらでもあります。

こうした賃貸物件や駐車場、
トランクルーム、社員寮となる建物などの需要は、
東京都内は地方に比べて多いです。

手に入れた再建築不可物件も、
周辺の需要に見合った活用方法を選択すれば
利益の出せる不動産になるので、
デメリットに目を向け始めから諦めてはいけません。

自分で賃貸や駐車場経営をしなくても、
価値があると判断されれば購入を申し出てくれる買い手もいるので、
まずは専門家に相談してみましょう。